早めに駆除をしましょう

作業員

ハチの巣が住宅に出来てしまったら、非常に危険ですからすぐにハチ駆除を専門的に行っている業者に依頼するようにしましょう。ハチ駆除業者のホームページも多数開設されていますから、まずはホームページにアクセスしてみるのが良いでしょう。

More Detail

任せて安心の蜂駆除

一軒家

ハチ駆除サービスでは連絡を受けたら迅速に自宅へと向かい、現場を確認後、見積りの提示と作業の説明を行います。ハチ駆除は家主の生活に合わせて依頼できますが、日中人通りの多い場所に作った巣を駆除するなら、夜間に行う場合もあります。

More Detail

ハクビシン対策

ハクビシン

煙を使って追い出します

ハクビシンは雑食性の生物で、人間の食べるものはほとんど何でも食べます。人間以外には天敵がいない上に、日本では鳥獣保護法によって捕獲やハクビシン駆除は制限されています。そのため、大型な動物でありながら、住宅街に増加している生物です。ハクビシン駆除は殺傷や捕獲することができないため、追い出すことしかできません。外に追い出すときには、煙を焚いて追い出すことが多いですが、脱出口に追い込むように煙を焚かなければ逆に奥に追い込んでしまうこともあります。脱出口の位置を確認して作業を進めます。それでもなかなか出て行かないときには、煙だけでなく、ハクビシンが嫌がるハッカ油や木酢液のような臭いをする液体を散布する方法もあります。

業者を有効に活用

ハクビシンを追い出すことに成功した場合でも、ハクビシンは一度住みかにした場所には執念深く住み続ける性質があるため、再侵入してくる可能性が多いにあります。そのため、ハクビシン駆除は追い出してから侵入口をしっかり塞ぐ対策も必要です。しかし、ハクビシンは3cmほどの隙間があればこじ開けて中に入ることができます。素人がハクビシン駆除をしようとしても、うまく追い出すことができないかもしれませんし、目安をつけた侵入口が見当違いということもあるので、専門の駆除業者に依頼した方が間違いありません。ハクビシンは病気を引き起こす細菌を持っていることもあり、残された糞尿も雑菌の住みかになります。そのため、糞尿の殺菌消毒も業者に任せれば行ってもらえます。

危険が及ぶ前に

ワーカー

ハチ駆除のためにはまずハチの種類を見分ける必要があります。アシナガバチは素人駆除も可能ですが、スズメバチは危険なため無理せず行政か業者を頼るのがよいでしょう。アシナガバチを駆除するなら、時期は11月から7月がよく、深夜か早朝がおすすめです。

More Detail